×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 白 雲 (Ha・Ku・U・N)

1948年 この世に生を受ける。
画家、発明家、リアルチャネラー、スピリチュアルアドバイザーとして活躍中。

画家:2005年、初の個展を開催(スピリチュアルアート)
高次元の意識体と交信しながら休む間もなく体全体を使い描かれていく。(というよりは映し出されていく)作品のあふれるエネルギーに魅了されるファンは多く、海外(韓国、アラブ諸国)でも高い評価を受けている。出展された作品は、ほとんどが個人に渡っており、アラブの王族が所有している作品もある。次回の個展開催が待たれている。ヒーリングアートとして病院関係での個展を望む声が多い。
作品の一部

発明家:高次元からの意識の導きによって、まだ世界に存在していない商品を作りだしている。感覚の鋭い人間であれば、なんらかの身体的反応が現われる”ゼロ磁場発生装置”。ゼロ磁場発生装置の原理を二次元に落とし込めた ”リベカデュークス®”など。発明は継続的に行われている。3次元で実現した際にはこのホームページでもご紹介していきます。

リアルチャネラー:約20年以上前、サンダーボルトのようなものに身体を貫かれる。
霊的な受信装置の調整を何度かされるうちに、高次元の意識体と交信が可能になる。"
宇宙文字”(スペースランゲージ。すなわち、地球上には存在しない言語)によって書かれる自動書記も体験する、2年以上書き続けていくうちに、ある程度解読できるようになる。それは、今現在も行われ、世界の善行のために使われることを白雲は願ってやまない。

スピリチュアルアドバイザー:チャネリングの能力により、わけ隔てなく望む人があれば、高次元の意識体と交信をしてアドバイスをしている。アドバイス料金は特に設定していなく、アドバイスする人物・内容によって様々。現在はさまざまな分野の経営者へのアドバイスなど多方面で活躍中。
また、高次元の意識体との交信を一冊にまとめる作業に取り掛かっている。

HOME